今日のニュース

気になったニュース

トマトジュース製法、伊藤園の特許無効と判断

 トマトジュースの製法を巡り、カゴメ名古屋市)が伊藤園(東京都渋谷区)の特許を有効とした特許庁の審決取り消しを求めた訴訟で、知財高裁(森義之裁判長)は8日、カゴメの主張を認め、審決を取り消す判決を言い渡した。

 判決によると、伊藤園は2013年、「濃厚な味わい」や「酸味を抑えたフルーツトマトのような甘み」を実現する製法を発明したとして特許を取得。カゴメは「製法の定義があいまいだ」として、特許の無効を主張して特許庁に審判を請求したが、昨年の審決で退けられ、提訴していた。

 判決は、特許で示された製法が「濃厚な味わい」などを裏付けているとはいえないと指摘し、特許を無効と判断した。

 伊藤園は「結果を真摯しんしに受け止め、今後、対応を判断する」とコメント。カゴメは「業界全体のためにあいまいな特許が認められるべきではなく、妥当な判決だ」としている。

2017年06月08日 20時47分    Copyright © The Yomiuri Shimbun