今日のニュース

気になったニュース

福岡母子殺害、3人に抵抗の痕なし 強盗の可能性低く

 福岡県小郡(おごおり)市の住宅で6日朝、母子3人の遺体が見つかった事件で、いずれの遺体にも抵抗した痕跡がなかったことが、捜査関係者への取材でわかった。
 県警捜査1課によると、死亡した母親の中田由紀子さん(38)、小学4年の長男涼介さん(9)、小学1年の長女実優(みゆ)さん(6)の死因はいずれも窒息死。子ども2人には首にひもで絞められた痕があった。由紀子さんの首には目立った痕跡はなかったが、司法解剖では強く圧迫されたような内部出血が確認されている。

 玄関の鍵は開いた状態で、子ども2人は2階寝室の布団の上で見つかり、由紀子さんは1階台所で倒れていた。3人の遺体に抵抗したり争ったりしたときにできる痕はなかった。室内が荒らされたような形跡もなく、県警は強盗目的の可能性は低いとみている。

 遺体が発見されたのは6日午前9時過ぎ。夫で警察官の充(みつる)さん(38)は県警に「午前6時45分ごろに仕事で家を出た時、3人とも寝ていた」と説明している。

 子ども2人の死亡推定時刻は午前0~5時ごろで、充さんの出勤時にはすでに死亡していた可能性があり、県警は引き続き、充さんから当時の状況について詳しく話を聴いている。

2017年6月8日13時09分    朝日新聞デジタル