今日のニュース

気になったニュース

北、地対艦ミサイル数発を発射か…日本海に向け

f:id:obaco:20170608133739j:image

 【ソウル=宮崎健雄】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍は8日午前6時18分から数分間、北朝鮮東部の元山ウォンサンから北東の日本海に向け、地対艦巡航ミサイルとみられるミサイル数発を発射した。

  高度は最高で約2キロ・メートル、飛行距離は約200キロ・メートルだった。韓国国防省関係者は本紙に「3発以上を発射した」と述べた。

 北朝鮮のミサイル発射は4週連続。国連安全保障理事会が2日に採択した追加制裁決議や、原子力空母2隻を日本海に派遣し、日本の海上自衛隊と共同訓練を行った米国をけん制する狙いがあるとみられる。

 北朝鮮軍の地対艦巡航ミサイルには中国の「シルクワーム」を改良した「KN―01」がある。韓国の専門家は従来の射程約120~160キロ・メートルを大きく上回ったため、「新型の可能性がある」と述べた。その上でこのミサイルは、平壌で4月15日に行われた金日成キムイルソン主席生誕105年記念の軍事パレードに登場したものと分析した。
2017年06月08日 11時35分    Copyright © The Yomiuri Shimbun