今日のニュース

気になったニュース

米司法長官に辞任観測 トランプ氏と関係悪化か

f:id:obaco:20170607174002j:image

セッションズ米司法長官=AP

 【ワシントン=川合智之】複数の米メディアは6日、セッションズ米司法長官がロシアとの不透明な関係を巡る疑惑「ロシアゲート」に関して、トランプ大統領との関係が悪化し、辞任を申し出たと報じた。セッションズ氏は昨年の大統領選で早くからトランプ氏支持を表明した側近で、実際に辞任すれば政権への打撃は大きい。連邦捜査局FBI)のコミ―前長官の議会証言を8日に控え、米政界は緊迫している。
 関係悪化の発端はセッションズ氏が今年3月、自身と駐米ロシア大使の接触疑惑が浮上した際、FBIによるロシアゲートの捜査に関与しないと表明したことだという。トランプ氏はこのことがローゼンスタイン司法副長官によるモラー元FBI長官の特別検察官任命につながったとみて、不満を抱いているとされる。

 トランプ氏は最近の政権内の会合でセッションズ氏を激しく非難したとの報道もある。スパイサー米大統領報道官は6日の記者会見で、トランプ氏とセッションズ氏の信頼関係について「大統領と話していないので言及しない」とコメントを避けた。

2017/6/7 16:00    日経新聞