今日のニュース

気になったニュース

トランプ氏、英テロで的外れな批判…波紋広がる

 【ワシントン=尾関航也】ロンドンの3日のテロ事件をめぐり、トランプ米大統領ロンドン市長のサディク・カーン氏に見当違いな批判をぶつけ、波紋が広がっている。

 カーン氏はパキスタン系移民家庭の出身で、英首都の市長に選出された初めてのイスラム教徒。テロ後の英BBCのインタビューで「当面の措置として市内の警備を強化するが、大勢の警官の姿を見ても心配する必要はない」と語った。

 トランプ氏は4日、ツイッターに「少なくとも7人死亡、48人負傷だというのにロンドン市長は『心配する理由はない』と言っている」と書き込んだ。カーン氏がイスラム過激派の脅威を過小評価していると批判したものだ。

 米英両国で、イスラム教徒への偏見に基づくものだとして反発が広がると、トランプ氏は4日、再びツイッターで「ロンドン市長のサディク・カーンがばかげた言い訳をしている」と根拠不明の批判を展開した。
2017年06月06日 17時48分    Copyright © The Yomiuri Shimbun