今日のニュース

気になったニュース

清宮100号「高校通算本塁打」とは KKコンビ起源?

f:id:obaco:20170605201015j:image

主な選手の高校通算本塁打

 高校球界の強打者として注目される早稲田実(東京)3年の清宮幸太郎選手(18)が4日、高校通算100本塁打を打った。過去2番目に多いとされるが、「高校通算本塁打」とはどんな記録なのか。
 大勢の報道陣が詰めかけるなか、100号は愛知県の小牧市民球場(中堅120メートル、両翼92メートル)の右中間場外に消えていった。清宮選手は「自分らしい良い打球が飛んでくれてよかった。すごいことなのか、あまり実感はないです」と照れた。

 高校生の通算本塁打数とは、記者の取材のもと、公式戦と練習試合を合わせた本数になっている。スコアブックで確認できる場合もあれば、自己申告によるものもあり、各都道府県の高校野球連盟が把握する公式の記録ではない。清宮選手は公式戦では通算48試合で23本塁打。ほぼ2試合に1本という高い確率だ。

 メディアが本数を数え始めたのは1980年代の「KKコンビ」が始まりとも言われる。PL学園(大阪)の清原和博選手が甲子園で計13本塁打し、桑田真澄選手が計20勝を挙げた。雑誌「報知高校野球」は2人の引退直後に練習試合を含めた3年間の全成績を掲載。その後、星稜(石川)の松井秀喜選手ら強打者が出るたびに通算本塁打数が報じられるようになった。

 一方、プロのスカウトは本数を目安程度にしか見ていない。学校によって試合数や相手投手のレベル、球場の広さも様々。強豪校では上級生に優れた選手がいて下級生は出られないなど、環境差もある。「無名校の60本より強豪校の30本」と言うスカウトもいる。

2017年6月5日20時01分    朝日新聞デジタル