今日のニュース

気になったニュース

中づり広告、6年前から文春側へ トーハンが調査

 出版取次会社「トーハン」(東京)が、週刊新潮(新潮社)の中づり広告を週刊文春文芸春秋)側に渡していた問題で、トーハンは5日、遅くとも6年前から行われていたとする調査結果を明らかにした。
 トーハンによると、2005年春から社内で中づり広告を掲示。その後、文芸春秋の営業担当者から「勉強のため」「自社は校了後で内容変更できない」と求めがあり、商談中にメモするのを黙認していたという。11年春には貸し渡すようになり、問題が発覚する今年5月までほぼ毎週続いていたという。見せ始めた時期は特定できなかった。

 新潮側は、文春側が公開前の中づり広告を見て「抜け落ちているネタを補完した」と主張していた。週刊新潮編集部は「到底看過できない不正行為。文芸春秋社には、猛省を促したいと考えます」とコメント。文芸春秋はこれまで「情報収集の過程についてはお答えしておりません」などとしており、トーハンの調査結果について「現状ではこれ以上のコメントはありません」とした。

2017年6月5日19時28分    朝日新聞デジタル