今日のニュース

気になったニュース

見頃のバラ、180本切り取られる…園内の1割

f:id:obaco:20170604215922j:image

バラの切り取り禁止を呼びかける警告看板(金沢市富樫の金沢南総合運動公園で)

 バラの名所として知られる金沢市富樫の金沢南総合運動公園で、見頃を迎えたバラの花が切り取られる被害が相次いでいる。

 市によると、園内のバラの1割にあたる約180本で被害が確認され、市緑と花の課の担当者は「市民の皆さんが楽しめなくなるのは残念。マナーを守ってほしい」と呼びかけている。

 同課によると、園内には144品種、計約1800本のバラが植えられている。被害を受けたのは約180本で、花が咲き始めた4月中旬頃から、花や茎部分を刃物で切り取られたような跡のあるバラが確認され始めた。

 被害を受け、同課などは5月下旬、園内に「バラの花や枝を切り取らないで」と記した看板を2か所から9か所に増設するとともに、切り取られたバラの茎には、切り取らないように警告する紙製のタグをつけた。また、園内の見回りを強化している。

 同園では、毎年春と秋にバラの見頃を迎え、多くの市民らが訪れる憩いの場となっている。春のバラは、6月下旬までが見頃で、同課の中山潔課長は「貴重なバラの種類もある。心ない行為があるのは残念」と話している。

2017年06月04日 11時12分    Copyright © The Yomiuri Shimbun