今日のニュース

気になったニュース

小型機墜落4人死亡…濃霧の中、山越えか

 f:id:obaco:20170604220431j:image

雪が残る山の斜面に墜落した小型飛行機(4日午前、富山県立山町で、読売ヘリから)=板山康成撮影

 富山県立山町北アルプスで3日、4人乗りの小型飛行機が墜落した事故で、県警は4日早朝、獅子岳(2714メートル)南東斜面の標高約2300メートル付近で機体を発見し、機内から4人を救助したが、搬送先の病院で全員の死亡が確認された。

 上市署の発表などによると、亡くなったのは、小型機を所有する新中央航空茨城県龍ヶ崎市)の社員で長野県松本市、木下孝雄さん(57)、いずれも「マルヤス機械」(長野県岡谷市)の社員で岡谷市、小口英児さん(48)、同県下諏訪町、河西勝基さん(21)、同県富士見町、樋口和樹さん(22)。

 機体は前部が大破し、エンジンが脱落。左側操縦席で小口さんが、右側で木下さんがともにシートベルトを締めた状態で発見された。河西さんは後席中央、樋口さんは後部荷室で見つかった。4人とも顔や頭部に大小の傷があった。

 新中央航空によると、今回の飛行は小口さんの訓練目的で、機長の木下さんが指導し、松本空港富山空港を往復する計画だった。事故が起きた復路は3日午後2時20分頃に富山空港を離陸し、標高3000メートル級の山が連なる北アルプスを越え、午後3時20分頃に松本空港に着陸するはずだった。

 午後2時51分と3時15分の2回、同社松本運航所に河西さんから救助を求める電話があり、午後3時2分には110番で富山県警に救助要請があった。県警からヘリと山岳警備隊が捜索に向かったが、濃霧や強風に阻まれ、同日夜に捜索を打ち切り、4日早朝から再開していた。現場近くの山荘の従業員によると、事故当時、周辺は濃霧で、3日夜の気温は氷点下になったという。

 県警は5日以降、天候をみて実況見分をするとともに、司法解剖を行い死因を調べる。国の運輸安全委員会は4日、航空事故調査官2人を現地に派遣し、事故原因の調査を開始した。

2017年06月04日 21時46分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

平衡感覚など失う「空間識失調」の可能性も 小型機墜落

f:id:obaco:20170604222245j:image

斜面に墜落した小型機(奥)と航空自衛隊のヘリ。雪面には人の姿も見える=4日午前10時14分、富山県立山町朝日新聞社ヘリから、安冨良弘撮影

 生存を信じる祈りは届かなかった。富山・立山の山中に4人乗り小型機が墜落した事故は、一報から一夜明けた4日、全員の死亡が確認された。現場は険しい山岳地帯。当時は悪天候の中の飛行だったとみられる。
 「助けて、助けて」「外が真っ白」。事故直後とみられる3日午後2時51分、墜落機に乗っていた河西勝基さん(21)=長野県下諏訪町=だという男性から、機体を所有する新中央航空に電話がかかってきた。

 同社によると、電話は松本空港の同社松本運航所の整備課長が受けた。男性は興奮した様子で「前の席の2人は意識がない」「足が動かない、寒い」と訴え、整備課長は「大丈夫か。しっかりしろ。とにかく頑張れ」と伝えたという。

 その後電波状態が悪くなり、つながらなくなった。

 捜索は悪天候に阻まれた。霧で視界が悪く、富山県警のヘリコプターは夕方に引き返した。現場近くのホテルによると「事故当時の気温は2度。視界は300メートルほどしかなかった」。地上からの捜索も午後8時25分に打ち切られた。

 機体が見つかったのは約8時間半後。意識があったとみられる2人を含め、4人全員の死亡が搬送先の病院で確認された。富山県警上市署幹部は「強い霧でやむを得ず引き返さなければならなかった。苦渋の決断だった……」と声を震わせた。

 県警によると、4人の服装は「ジャンパー、ジーパンなどで厚着ではない」。医師で日本登山医学会の増山茂代表理事は「防寒着や食料、水がなければ熱量を補給できず、一気に低体温症が進行した可能性がある。墜落時の衝撃で外傷があったり、筋肉が損傷するなどのクラッシュ症候群で、さらに危険が増したと思う」と指摘した。

2017年6月4日20時52分    朝日新聞デジタル

 

 

4人搭乗の小型機墜落「2人意識なし」…富山

 3日午後3時頃、富山県立山町芦峅寺あしくらじの山中で、男性から「小型飛行機が墜落し、足が挟まれて動けない。2人は意識がなく、2人は意識がある」と110番があった。

 県警によると、墜落したのは富山空港を離陸した4人乗りの小型飛行機で、県警ヘリなどが救助に向かったが、濃霧の影響や夜になったためこの日の捜索を打ち切った。4日早朝から捜索を再開する予定。

 上市署の発表によると、搭乗契約書に記載されていた名前は長野県松本市、木下孝雄さん(57)、同県岡谷市、小口英児さん(48)、同県下諏訪町、河西勝基さん(21)、同県富士見町、樋口和樹さん(22)。小型機は新中央航空茨城県龍ヶ崎市)が所有しており、3日午後2時20分頃に富山空港を離陸し、松本空港松本市)に向かっていた。訓練飛行とみられるという。
2017年06月03日 21時07分    Copyright © The Yomiuri Shimbun