今日のニュース

気になったニュース

薩摩藩伏見屋敷の絵図発見 寺田屋事件で龍馬かくまう

f:id:obaco:20170603222620j:image

坂本龍馬高知県立坂本龍馬記念館提供)

 江戸時代、現在の京都市伏見区にあった薩摩藩伏見屋敷の絵図が見つかった。同区の神社・城南宮(じょうなんぐう)が3日、発表した。屋敷は、船宿・寺田屋で襲撃された坂本龍馬(1836~67)が避難したことで知られる。所在地は確認されていたが、図面が見つかったのは初めてという。専門家は「日本史に大きな影響を与えた舞台の詳細を示す貴重な発見」としている。

 城南宮などによると、絵図は縦99センチ、横128・2センチ。東側を下にして、「天明六年」(1786年)と書かれている。屋敷の建物の配置や間取りを示し、東側には川から上がるための板橋も描かれている。屋敷の規模は南北99メートル、東西64メートルで、敷地面積は4973平方メートルと推定されるという。城南宮が5月、京都市古書店から購入した。

f:id:obaco:20170603222809j:image

薩摩藩伏見屋敷跡の地図

 薩摩藩長州藩による「薩長同盟」を取り持った龍馬は1866年、寺田屋で幕府の奉行所の役人に襲撃され、深手を負いながらも寺田屋を脱出。北側の材木小屋に身を隠した後、薩摩藩に救出され、舟で伏見屋敷に運ばれたことが、龍馬の手紙や妻お龍(りょう)の証言などから明らかになっている。屋敷は68年の鳥羽伏見の戦いで会津藩に焼かれた。

 龍馬研究家で、絵図を調査した宮川禎一(みやかわていいち)・京都国立博物館上席研究員は「重要な歴史の舞台となった屋敷の規模が分かり、幕末史を研究する上でも重要な資料」と話す。宮川さんは「負傷した龍馬は川に近い、屋敷の北東にある『守(もり)』と呼ばれる管理人の部屋付近でかくまわれたのではないか」と推測する。

 屋敷は藩主の参勤交代時の宿舎だった。13代将軍・徳川家定の正室となった篤姫(あつひめ、1836~83)も、江戸に向かう際に滞在した。

 絵図は4日~7月2日、城南宮神苑(しんえん)内のギャラリー水石亭で公開。7月25日~9月3日には京都国立博物館での特集陳列「大政奉還150年記念 鳥羽伏見の戦い」に展示される。(大村治郎)

2017年6月3日20時46分    朝日新聞デジタル