今日のニュース

気になったニュース

トヨタ、テスラの全株売却…EV協業は進まず

 トヨタ自動車が、保有していた米電気自動車(EV)大手テスラの株式を2016年中にすべて売却していたことがわかった。

 トヨタは10年にテスラと提携し、5000万ドル(当時約45億円)を出資してテスラの約3%の株式を取得した。12年にはトヨタのスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」をベースにしたEVを米国で共同開発し、約2500台を販売した。

 その後、方向性の違いなどから協業は進まず、14年内に株式の一部を売却していた。トヨタによると、残る全株式も16年中に売却したという。トヨタは16年3月末時点でテスラ株約234万株を保有しており、売却益は約500億円に上った可能性がある。

 トヨタは次世代エコカーではハイブリッド車燃料電池車に力を入れてきたが、16年12月にEV開発の社内ベンチャー組織を発足させ、自社開発に取り組んでいる。

2017年06月03日 19時55分    Copyright © The Yomiuri Shimbun