今日のニュース

気になったニュース

露大統領、北の核保有に理解?圧力かける米批判

f:id:obaco:20170603125333j:image

プーチン氏(AP)

 【モスクワ=花田吉雄】ロシアのプーチン大統領は2日、北朝鮮の核開発問題に関連して、「小さな国々は自らの独立や安全と主権を守るためには、核兵器を持つ以外、他の手段がないと思っている」と述べた。

 北朝鮮などに軍事的圧力をかけている米国を批判する発言の中で語った。ロシアは北朝鮮の核・ミサイル開発を容認しない立場。核保有に理解を示すかのような発言は物議を醸しそうだ。

 ロシア北西部サンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォーラムの公開討論の中で語った。プーチン氏は米国を念頭に「力の論理が幅をきかせ、暴力が支配する間は、北朝鮮で起きているような問題が生じるだろう」と指摘した。米国が日本海に空母を派遣して緊張を高めていることを暗に批判したといえそうだ。
2017年06月03日 12時25分    Copyright © The Yomiuri Shimbun