今日のニュース

気になったニュース

トランプ氏「私たちの経済に害」…パリ協定離脱

f:id:obaco:20170602112155j:image

1日、米ホワイトハウスで、パリ協定からの離脱を表明するトランプ大統領(AFP時事)
 【ワシントン=三井誠】トランプ米大統領は1日、ホワイトハウスで、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱すると表明した。

 手続き上、協定からの正式な離脱は早くても2020年11月となるが、トランプ氏は今後、米国内で環境規制の緩和を加速させるとみられる。中国に次いで世界2位の温室効果ガス排出国である米国の離脱は、途上国と先進国がそろって参加する初の地球温暖化対策として注目されたパリ協定に大きな打撃となる可能性がある。

 トランプ氏はこの日の声明で、パリ協定について、中国やインドに有利な条件であると強調したうえで、「非常に不公平だ。私たちの経済に害を与え、労働者を挫折させ、主権を弱める」と批判。「今日から、パリ協定の目標達成に向けた取り組みをやめる」と宣言した。
2017年06月02日 11時17分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

トランプ米大統領「パリ協定」からの離脱を発表

f:id:obaco:20170602111317j:image

「パリ協定」からの離脱を発表するトランプ米大統領=AP

 【ワシントン=三井誠】トランプ米大統領は1日、ホワイトハウスで、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱すると発表した。

 パリ協定は先進国だけでなく途上国も含めた温暖化対策として注目されたが、世界2位の温室効果ガスの排出国である米国の離脱で、今後の対策に打撃になる可能性がある。

 トランプ氏は離脱を表明した上で、「米国にとって公平な形でのパリ協定への再加入や新協定への交渉は続ける」と話した。

 トランプ氏はかつて地球温暖化を「中国のでっちあげ」などと指摘して、大統領選中も一貫してパリ協定からの離脱を訴えてきた。米国の産業界や日欧の首脳らからパリ協定の残留を求められていたが、公約実現を優先して決断したとみられる。

2017年06月02日 05時21分    Copyright © The Yomiuri Shimbun