今日のニュース

気になったニュース

比大統領また暴言、クリントン氏の長女と応酬

f:id:obaco:20170602112736j:image
チェルシーさん

 【シンガポール吉田健一】フィリピンのドゥテルテ大統領がレイプを容認するかのような暴言を吐き、波紋が広がっている。

 ドゥテルテ氏は5月26日、国内のイスラム過激派掃討に向かう兵士を激励する演説の中で、3人までならレイプしても大統領が責任を負うという趣旨の発言をした。冗談交じりの語り口だったが、海外メディアなどが一斉に報じた。

 クリントン米大統領の長女チェルシーさんはツイッターで「人権にお構いなしの、人殺しの悪党」などと批判。これに対しドゥテルテ氏は5月31日の演説で、クリントン氏が大統領時代に起こしたホワイトハウス元実習生との不倫問題を蒸し返し、「(あの時)父親を非難したのか」などとチェルシーさんをやり玉に挙げたため、騒動に拍車が掛かった。

 ドゥテルテ氏は昨春の大統領選のさなかにも、婦女暴行殺人の被害者のオーストラリア人女性を侮辱する発言を行い、非難を浴びたことがある。

2017年06月02日 08時43分    Copyright © The Yomiuri Shimbun