今日のニュース

気になったニュース

「核開発を諦めた国は米国に滅ぼされた」正恩氏、焦りも

f:id:obaco:20170530092518j:image

今年の北朝鮮のミサイル発射

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長が権力を継いだ2011年末から、長距離から短距離まで多様な弾道ミサイルを少なくとも計53発、発射した。国際社会の厳しい制裁にもかかわらず、年間数百億円規模を投入し続け、韓国政府によると、昨年だけで24発。今年もすでに12発のハイペースだ。

 29日付の労働新聞(電子版)は論説で「民族の未来と惑星の平和を保証する最高の安全装置である我々の核抑止力は日増しに強化されている」と強調した。

 北朝鮮関係筋によれば、北朝鮮当局者らは「イラクリビアなど核開発を諦めた国は、全て米国に滅ぼされた」と主張。「米国を攻撃できる核ミサイルがなければ、体制を維持できないと固く信じている」(同筋)という。

 北朝鮮は実際、核爆弾の小型化と弾道ミサイルの射程の延長に注力している。米韓は、北朝鮮が中距離の弾道ミサイル・ノドン(射程1300キロ)までは核弾頭の搭載に成功したとみている。弾道ミサイルもエンジンの能力に限れば、2~3年後には米東海岸まで射程に収めると分析している。

 北朝鮮は脅威を高めて米国を対話の場に引っ張り出し、核保有国の立場を認めるよう迫るとみられる。

 軍事挑発を続ける背景には、権力の維持に躍起になる正恩氏の焦りも見える。

2017年5月30日08時08分    朝日新聞デジタル