今日のニュース

気になったニュース

急増、大島のキョン捕獲せよ 島民数の1.6倍まで繁殖 都、チーム名公募

f:id:obaco:20170527101851j:image

伊豆大島で野生化し、大量繁殖している小型のシカ「キョン」(都環境局提供)(写真:産経新聞

 伊豆大島大島町)で島民の1・6倍の数まで大量繁殖している「キョン」への対策として、小池百合子知事は26日、今秋にも捕獲業者や島民による「キョン捕獲チーム」を結成すると発表した。大島の特産物・アシタバ絶滅危惧種のキンランへの食害、自動車との衝突事故が問題化しており、小池氏は「数を増やさないことが島の産業、安心にとって必要だ」と強調した。(岩崎雅子)

                   ◇

 キョンは中国南東部が原産の、黒い瞳を持つ中型犬ほどの小さなシカ。昭和45年秋、都立大島公園で飼育されていた十数頭のキョンが台風で壊れた柵から逃走し、野生化した。

 当初、都側の受け止めは「『野生のキョンという観光資源になるかな』くらいの気持ちだったらしい」(都環境局の担当者)。だが、その繁殖力は想定外だった。

 外来生物法が施行され、平成18年、都が同法に基づき頭数を把握すると、約2150頭に増加していることが発覚。都は野生のキョン根絶に向けて捕獲に着手し、28年度には年間約2200頭の捕獲に成功したが、現在の生息数は約1万3千頭に達している。

 その数は、約8千人の島民の1・6倍に相当。対策費は28年度は2億8千万円、29年度は4億500万円にふくれあがった。

 草食系のキョンによる農作物被害は年間300万円以上で、道路往来による衝突事故も相次いでいる。こうした状況に歯止めをかけるため、島民や捕獲業者の力を借りる捕獲チームを発足。小池氏は「繁殖力が強いため、いたちごっこがつづいてきた。捕獲へ力を合わせる」と説明する。

 今年秋の発足に向け、都はチーム名を公募。公募を通じ、キョンの問題を広く周知する狙いがあり、「皆さんの関心を集め、行動に移していただくのは一つの手法。観光客に大島に来ていただくチャンスにもなる」と訴える。

産経新聞    5/27(土) 7:55