今日のニュース

気になったニュース

「オイサ、オイサッ」神輿、力強く 三社祭が最高潮に

f:id:obaco:20170521182420j:image

「宮出し」で、威勢の良いかけ声とともに神輿(みこし)をかつぐ氏子ら=21日午前7時4分、東京・浅草、北村玲奈撮影

 浅草・三社祭浅草神社例大祭)は21日、3日目の最終日を迎え、3基の神輿(みこし)を境内から担ぎ出す「宮出し」があった。午前5時55分ごろ、一本締めを合図に半纏(はんてん)姿の氏子らが一斉に神輿を持ち上げ「オイサ、オイサッ」と力強い声をあげた。

 宮出しは境内をまわる「氏子宮出し」と、それを全国から来た祭り愛好家らが受けて各町会に引き渡す「一般宮出し」に分かれる。約1万人(主催者発表)に上る担ぎ手が押し合いへし合い、時には小競り合いも起きた。

 かつては神輿に足をかける「神輿乗り」が相次ぎ、2008年には重みで担ぎ棒が折れる事故が起きた。主催する浅草神社奉賛会や神輿同好会が話し合いを重ねてきたこともあり、今年は主だったトラブルがなかった。大学生のころから毎年参加しているという浅野智司さん(57)は「この日が我々の正月。来年に向けてまた一年頑張りたい」。(西村奈緒美)

2017年5月21日18時01分    朝日新聞デジタル