読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

首相、韓国特使と会談 「未来志向の関係を」

f:id:obaco:20170518121022j:image

文特使(左)から韓国大統領の親書を受け取る安倍首相(18日午前、首相官邸

 安倍晋三首相は18日午前、首相官邸で韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として来日した文喜相(ムン・ヒサン)国会議員と会談した。首相は「文大統領と未来志向の関係を築きたい」と強調。文特使は文大統領の親書を手渡した上で「早期に首脳間で会うことを大統領も望んでいる」と述べた。
 首相は「日韓は戦略的利益を共有する最も重要な隣国だ。北朝鮮問題をはじめ日韓にとって重要な課題について率直な意見交換をしたい」と強調。文特使は「これから首脳間で頻繁に会うことで両国の理解が深まるという文大統領の意思を預かっている。文大統領はシャトル外交の復元を望んでいる」と語った。

 文特使は日韓両国について「市場経済自由民主主義という共同の価値を有する極東アジアで数少ない国だ。安全保障面で北朝鮮の核問題に共同対処すべき現実的な利益を持っている」と強調。「これから両国が未来志向の発展があることを望んでいるとの文大統領の意思を持って参った」と述べた。

 従軍慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった2015年末の日韓合意についても意見交換するとみられる。文特使は日韓合意について破棄や再交渉ではない「第3の道」による解決が必要だとし、具体例として1993年の河野洋平官房長官談話と戦後50年の村山富市首相談話を挙げている。

 文特使は17日、岸田文雄外相とも会談し、日韓合意について「韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられない雰囲気だ」などと発言した。

2017/5/18 10:41    日経新聞