読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

米、ロシア疑惑捜査の特別検察官に元FBI長官

f:id:obaco:20170518114502j:image

2013年6月に議会で証言するモラー元FBI長官=AP

 【ワシントン=永沢毅】米司法省は17日、昨年の米大統領選にロシア政府が干渉した疑惑の捜査を指揮する特別検察官を設置し、ロバート・モラー元連邦捜査局FBI)長官を任命したと発表した。この問題を巡る疑惑が相次いで明るみに出ていることから、捜査経験の豊富なベテランを起用することにした。
 ローゼンスタイン司法副長官は声明で「米国民に捜査の結果を信頼してもらうため特別検察官が必要だ」と表明。「通常の指揮系統から独立した権限で捜査する必要がある」とした。セッションズ司法長官の声明によると、司法省はモラー氏に特別検察官の肩書でこの問題の捜査の指揮をとる権限を与えたと明記。ロシア政府とトランプ陣営の関係を捜査し、必要に応じて起訴できる権限も付与した。

 モラー氏はブッシュ(子)政権の2001年にFBI長官に就任。オバマ政権の13年まで12年間も長官職を務めた。後を引き継いだのが、トランプ大統領に解任されたコミー前長官となる。

 トランプ氏は17日、司法省の決定を受けて「この問題で早期に結論が出ることを期待している。大統領選で私の陣営といかなる外国との間にも共謀がなかったことが確認されるだろう」との声明を発表した。

 一連の疑惑を巡っては、トランプ氏がコミー氏に自身の側近に関する捜査の終結を求めていた可能性が判明し、「不当な捜査介入」との批判を招いている。米議会からは政権から独立した形での徹底捜査を要求する声が強まっていた。コミー氏がこのときの会話をメモに書き残していたため、米議会の上院情報特別委員会は今月17日、コミー氏のメモを24日までに提出するようホワイトハウスに要請した。

 これに関連し、スパイサー大統領報道官は17日、同日中にコミー氏の後任となるFBI長官の候補者4人とトランプ氏が面談すると明らかにした。米メディアによると、マケイブ長官代行やリーバーマン上院議員らの名前があがっている。19日からのトランプ氏の初の外国訪問前の決着をめざしているもようだ。

2017/5/18 10:38    日経新聞

 

 

特別検察官に元FBI長官…ロシアゲート疑惑

 【ワシントン=黒見周平】米司法省のローゼンスタイン副長官は17日、昨年の米大統領選でトランプ大統領の陣営がロシアによるサイバー攻撃などに関与したのではないかとされる「ロシアゲート」疑惑に関し、ホワイトハウスが反対していた特別検察官を設置し、捜査を委ねることを決めた。

 特別検察官にはロバート・モラー元連邦捜査局FBI)長官(72)を任命した。

 FBIのロシアゲート捜査を巡り、コミー前長官の解任やトランプ氏が捜査中止を要請したとされる問題を受け、野党・民主党や米メディアから「大統領が捜査を妨害している」との批判が出ていた。司法省は特別検察官の任命により、公正な捜査で真相究明を進める方針を示した形だ。

 ローゼンスタイン氏は声明で、「通常の指揮系統から一定程度、独立した権限の下に今回の捜査を位置付けることが公益にかなうと判断した」と説明した。
2017年05月18日 11時41分    Copyright © The Yomiuri Shimbun