今日のニュース

気になったニュース

秋篠宮眞子さま婚約へ、大学時代の同級生と

f:id:obaco:20170516235203j:image

秋篠宮家の長女の眞子さま(昨年9月撮影)
 秋篠宮あきしののみやご夫妻の長女眞子まこさま(25)が、国際基督教大学(ICU)に通っていた時の同級生で、横浜市在住の小室圭こむろけいさん(25)と婚約されることが16日、わかった。

 宮内庁は同日夜、婚約に向けた準備を進めていることを明らかにした。現行の皇室典範の規定では、眞子さまは結婚によって皇籍から離れられることになる。

 宮内庁の山本信一郎長官は同日午後8時半から、報道陣の取材に応じ、「婚約内定については、しかるべき時期に発表すべく計画していた」と説明。発表の時期については現時点では控えるとした。

f:id:obaco:20170516235327j:image

2010年に「湘南江の島海の王子」に選ばれた当時の小室圭さん(神奈川県藤沢市提供)

 山本長官によると、小室さんは現在、一橋大大学院で経営法務を学びながら、東京都内の法律事務所に勤務している。秋篠宮ご夫妻もお二人の交際を了承され、天皇、皇后両陛下も報告を受けられているという。

 婚約内定の発表後は、一般の結納にあたる「納采のうさいの儀」が行われるほか、結婚式の直前には、皇居の宮中三殿で、先祖や神々に結婚を報告する儀式や、両陛下にお別れのあいさつをする「朝見ちょうけんの儀」などが行われる。

 関係者によると、眞子さまと小室さんは2012年6月、都内で開かれた留学生の意見交換会で出会い、交際を重ねられたという。

 眞子さまは両陛下の初孫で、1991年10月、秋篠宮ご夫妻の長女として誕生された。98年に学習院初等科に入学し、学習院の女子中等科、高等科に進まれた。2010年に入学したICU教養学部で美術・文化財研究を専攻し、12年には英エディンバラ大に留学。ICU卒業後の14年にも、英レスター大大学院で約1年間、博物館学を学ばれた。現在、東京大学総合研究博物館の特任研究員。

 東日本大震災発生後の11年夏には、岩手県山田町や大槌町宮城県石巻市を訪れ、子供向けのボランティア活動などに臨まれた。

 15年9月に英国から帰国後は、障害者支援施設の訪問やテニスの国際大会への出席などの公務を精力的にこなされている。

 小室さんは母親と祖父との3人暮らし。学生時代、神奈川県藤沢市の観光をPRする「湘南江の島海の王子」として活動した。同市観光協会のホームページには「外交に携わる」という将来の夢や「バイオリン、スキー、料理」という趣味が記されていた。

2017年05月16日 23時21分    Copyright © The Yomiuri Shimbun