読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

中国首脳の訪日、習氏「検討したい」 二階氏と会談

f:id:obaco:20170516131725j:image

中国の習近平国家主席との会談を終え、記者会見する自民党の二階幹事長(16日、北京市内のホテル)=共同

 【北京=秋山裕之】自民党二階俊博幹事長は16日午前、北京の釣魚台迎賓館で習近平国家主席と会談した。二階氏は「習主席をはじめとしてハイレベルの方に来てほしい」と中国首脳の来日を要請し、習氏は「検討していきたい」と述べた。年内の日中韓首脳会談の開催や、来年の日中平和友好条約締結40年の節目に合わせた習氏の来日を念頭に置いている。
 習氏は会談で「両国が歩み寄って妨害を排除し、中日関係を正しい方向に向けて発展させていきたい」と述べた。二階氏は日中首脳の相互訪問を呼びかける安倍晋三首相の親書を渡し、足踏みが続く日中関係改善への首相の意欲を伝達した。

 二階氏は今回の訪中で経団連榊原定征会長らと共に中国主導の経済圏「一帯一路」構想に関する国際フォーラムに出席した。中国が周辺国に影響力を拡大しかねない同構想に日本政府は慎重な姿勢をとってきた経緯があり、習氏は二階氏の参加を「一帯一路への日本の積極的態度を表している」と評価した。

 二階氏は核・ミサイル開発を続ける北朝鮮問題では影響力を持つ中国が事態打開に向けた積極的な役割を果たすよう求めた。習氏との会談を設定した中国側の配慮にも触れ「中国と日本が協力し合うことによって何でもできるのではないか、と皆が自信を持つことが今回お会いした最大の収穫だ」と返した。

2017/5/16 12:48    日経新聞