読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

橋から撤去の「愛の南京錠」3100万円で落札

f:id:obaco:20170515201347j:image

セーヌ川のポンデザール橋から撤去される大量の南京錠(2015年6月1日、パリ市で)=本間圭一撮影

 【パリ=作田総輝】パリのセーヌ川にかかるポンデザール(芸術橋)から撤去された「愛の南京錠」がオブジェに生まれ変わり、13日、競売にかけられた。

 落札総額は約25万ユーロ(約3100万円)に上り、難民らを支援する団体に寄付されることになった。

 芸術橋は、恋人たちが「愛の証し」として南京錠をかける人気スポットだった。名前の頭文字を書いた錠を欄干の金網に取り付け、鍵を川に投げ込めば、永遠の愛が約束される。そんな言い伝えが映画などを通じて広まり、欄干は錠で埋め尽くされるようになった。

 しかし、数十万個に上ったとされる南京錠の重さは50トン近くにまで達し、欄干の一部が崩れ始めたため、パリ市が2015年6月に錠を撤去した。
2017年05月15日 17時59分    Copyright © The Yomiuri Shimbun