読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

中露首脳が会談、「北での緊張の高まりに懸念」

f:id:obaco:20170514230230j:image

14日、北京での会談前に記念撮影する中国の習近平国家主席(右)とロシアのプーチン大統領(AP)

 【北京=東慶一郎、畑武尊】中国の習近平シージンピン国家主席とロシアのプーチン大統領は14日、北京で会談した。

 タス通信はペスコフ露大統領報道官の話として「両首脳は朝鮮半島情勢について詳細に協議し、北朝鮮のミサイル発射を含む緊張の高まりに懸念を表明した」と伝えた。

 北朝鮮に自制を求めつつ、トランプ米政権の軍事力行使などを、けん制する意図もにじませたとみられる。

 中国外務省によると、会談の冒頭、習氏は北朝鮮の核・ミサイル開発などを念頭に「中露両国は大国として、地域と世界の平和・安定に重要な役割を発揮している」と述べ、問題解決に向け、ロシアと共同歩調を取る姿勢を強調。プーチン氏は「様々な側面で両国が互いに助け合うことは、国際情勢を安定させる」と応じた。
2017年05月14日 21時36分    Copyright © The Yomiuri Shimbun