読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

世界的サイバー攻撃、国内でも被害確認…警察庁

 「ランサム(身代金)ウェア」と呼ばれるウイルスによる世界的なサイバー攻撃で、警察庁は14日、同様の手口の被害が国内でも2件、確認されたと発表した。

 ビットコインを要求する画面表示が酷似しており、警察当局は、一連のサイバー攻撃と同一とみて、不正指令電磁的記録(ウイルス)供用容疑などで捜査を開始。海外の捜査機関とも情報交換し、攻撃の発信元の特定を進める。

 同庁によると、被害が確認されたのは、病院と個人の女性。いずれも米マイクロソフトの基本ソフト「ウィンドウズ」を使用していた。

 2件ともパソコンにポップアップ画面が突然現れ、コンピューター内のデータの一部が暗号化されて開くことができなくなっていた。復旧する見返りとして、300ドル分のビットコインの支払いを要求する画面が日本語で表示されたという。ウイルスの感染経路はわかっていない。
2017年05月14日 21時23分    Copyright © The Yomiuri Shimbun