今日のニュース

気になったニュース

聴覚障害の邦人女性、長時間拘束…ハワイの空港

 【ロサンゼルス=田原徳容】米ハワイの国際空港で今年1月、聴覚障害の日本人女性が入国管理担当者とのやりとりで手話による通訳の要請を拒まれた上、長時間の尋問・拘束を受けたとして、米自由人権協会(ACLU)は11日、聴覚障害者の人権侵害に当たるとして米政府に調査を求めたことを明らかにした。

 ACLUによると、女性は1月31日、知人を訪ねてハワイに到着した。米税関・国境取締局の担当者に別室で質問を受けた際、手話通訳を認められず、筆記などでの対応を強いられたとされる。尋問は7時間以上に及び、女性は携帯電話を取り上げられた上、後ろ手に手錠をされたほか、連行された収容施設に16時間拘束され、翌日、解放され帰国したという。

2017年05月13日 12時22分    Copyright © The Yomiuri Shimbun