今日のニュース

気になったニュース

日本郵政、野村不動産の買収検討…収益強化狙う

 日本郵政グループが、野村不動産ホールディングス(HD)を買収する方向で本格的な検討に入ったことが分かった。

 株式公開買い付け(TOB)により野村不動産株の過半数を取得する案などが出ている。実現すれば買収額は数千億円規模になる見込み。日本郵政は主力の郵便事業などが苦戦しており、買収によって不動産事業を新たな収益源に育てる狙いがある。

 関係者によると、日本郵政は、野村不動産の株式の33%超を保有する証券最大手・野村HDとも水面下で調整を進めているという。今後の交渉で出資の規模などについて具体的に詰める。ただ、資本提携にとどめる選択肢も残っているという。

 日本郵政は全国に約2万4000局の郵便局を展開し、資産価値は2兆円を超えるとされる。JR東京駅前の旧東京中央郵便局を大型商業ビルに再開発し、名古屋市や福岡市にも同じようなビルを展開している。
2017年05月13日 07時34分    Copyright © The Yomiuri Shimbun