読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

M8元禄型地震、最短500年おき…相模トラフ

 1703年に関東を襲ったマグニチュード(M)8・2の「元禄関東地震」と同型の大地震の最短の発生間隔は、従来考えられてきた約2000年よりも短く、約500年だったとの調査結果を、東京大と産業技術総合研究所茨城県)の研究チームがまとめた。

 欧州の学術誌に論文が掲載される。元禄型地震の再評価が必要になりそうだ。

 相模湾から房総半島沖にかけて延びる相模トラフ沿いでは、1923年の関東大震災を引き起こした「大正関東地震」(M7・9)型と、さらに大規模な元禄型の2種類の大地震が繰り返し起きているとされる。

 研究チームは、元禄型地震の際に海岸の地面が隆起してできた階段状の地形「海岸段丘」に着目。房総半島南部の海岸段丘に複数の穴を掘り、化石の年代などから、いつ段丘ができたのかを詳しく調べた。その結果、元禄型は約6300年前から少なくとも5回、約500年~約2800年間隔で起きていたことが分かったという。
2017年05月12日 09時58分    Copyright © The Yomiuri Shimbun