今日のニュース

気になったニュース

あおぞら銀、上智大に本店移転…経済連携講座も

 あおぞら銀行は8日、上智大の四谷キャンパス(東京都千代田区)に本店を移転した。

 国内の銀行が大学の構内に本店を置くのは初めて。立地を生かし、現役の銀行員が学生向けに講座を開いたり、上智大と金融などをテーマに共同研究を行ったりして、連携を強化したい考えだ。

 新たな本店は、JR四ツ谷駅前に上智大が新設したビルの1階の一部と7~16階に入居した。約1200人の行員が勤務する。従来は同区内のビルに入居していたが、耐震性が高いビルへの移転を検討していた。

 あおぞら銀と上智大は高齢者の消費に関する共同研究を始めており、今秋からは経済学部で連携講座も行う。将来的には、インターンシップ(就業体験)で学生を受け入れるなど就職活動でも協力していくという。
2017年05月09日 08時01分    Copyright © The Yomiuri Shimbun