読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

強風で空気が乾燥、東北太平洋側で火災の一因に

 8日は東北の太平洋側を中心に強風が吹き、空気が乾燥した状態が続いていた。

 気象庁によると、この日は、東北の東の太平洋上に移動した気圧の谷に向かって日本海側から空気が流れ込んだ。山脈を越えて太平洋側に達する時には、乾いた強い風に変わり、同日の最小湿度は、岩手県宮古市で21%、仙台市福島市で17%などと乾燥した状態になった。これが、岩手、宮城、福島の各県で火災の一因となったとみられる。

 同日の最大風速は、岩手県久慈市15・9メートル、釜石市14メートル、宮城県栗原市12メートル、福島県南会津町9・7メートル、栃木県日光市7・3メートル、群馬県中之条町9・4メートル、長野県南牧村12・2メートル。いずれも5月の観測史上最大を記録した。
2017年05月08日 21時40分    Copyright © The Yomiuri Shimbun