読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

聴取後自殺の女性、関与否定…遺書でも潔白主張

 愛媛県今治市高齢親子が殺傷された事件で、県警の任意聴取後に自殺した30歳代の女性が、県警に対し自らの関与を否定していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 女性が残した遺書にも自身の潔白を主張する内容の記述があったことも判明した。

 事件では、今治市室屋町の市営団地に住む岡本久行さん(70)と母親のユキエさん(92)が3日、自宅に入ってきた女に刃物で襲われ、ユキエさんが死亡、岡本さんは重傷を負った。

 県警は防犯カメラ映像の分析などから、4日、近くに住む女性に任意同行を求め、今治署で参考人聴取を実施。捜査関係者によると、女性は聴取に対し、事件への関与を否定したという。

 県警は同日夜、女性を家族の元にいったん帰した。翌5日も聴取する予定だったが、女性は同日朝、市内の関係先で自殺しているのが見つかり、そばに遺書があった。県警は遺書の内容を明らかにしていないが、女性の親族は7日、取材に対し「(遺書には)私はやっていないと書いてあった。そう信じる」と話した。

2017年05月07日 19時38分    Copyright © The Yomiuri Shimbun