読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

アップル、米ものづくり支援へ1100億円ファンド

 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルは3日、米国内の先進的なものづくりを支援する10億ドル(約1120億円)規模のファンドを組成すると明らかにした。ティム・クック最高経営責任者(CEO)が米CNBCテレビの取材に答えた。米トランプ政権からの米国への生産移転と雇用創出を求める圧力が強まるが、アップルの生産委託先、調達先は中国周辺に集中している。すぐに対応するのは難しいため、当座はファンドで米製造業を間接支援して批判をしのぐ狙いがある。

 クック氏はインタビューで「今月後半に初期投資としてまず10億ドルをファンドに使う。米国の製造業で雇用を創出し、経済全体に波及効果を生み出す」と語った。同氏は2月末の株主総会で「我々は米国の役に立つ方法を常に模索している」と述べ、米国での生産や部品調達を拡大するための戦略を打ち出すことを示唆していた。

 クック氏はファンドの詳細については説明しなかった。ただ、最大の生産委託先である台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が米国に液晶パネルや半導体モリーの新工場を建設する検討に入っている。これをアップルのファンドが支援する可能性もある。

 アップルはソフトバンクグループとサウジアラビアが共同で設立する10兆円規模の投資ファンドにもホンハイなどとともに参加している。

2017/5/4 9:39    日経新聞