今日のニュース

気になったニュース

純白の花「ヒトツバタゴ」が見頃…対馬

f:id:obaco:20170504105318j:image

見ごろを迎えたヒトツバタゴ

 国の天然記念物・ヒトツバタゴが、長崎県対馬市上対馬町鰐浦わにうらで純白の花を咲かせ、見頃を迎えている。

 モクセイ科の落葉高木で、4月下旬~5月上旬に開花する。純白の花と新緑の葉のコントラストが美しい。朝鮮半島などに分布し、国内では中部地方木曽川流域でも一部見られるが、鰐浦地区では山の斜面に3000本が自生する日本最大の群生地。夜でも湾内に映えることから「ウミテラシ」などとも呼ばれる。

 同地区では4月30日、開花に合わせてイベントが開かれた。島内各地から多くの人が訪れ、木の下で弁当を広げたり、太鼓やブラスバンドの演奏、舞踊などを楽しんだりしていた。

2017年05月03日 23時31分    Copyright © The Yomiuri Shimbun