今日のニュース

気になったニュース

中垣内監督の代行起用へ…検察処分決まらず

 日本バレーボール協会は2日、中垣内なかがいち祐一・全日本男子監督(49)が交通事故を起こして対外活動を自粛中のため、監督代行を起用する方針を固めた。

 中垣内氏は昨年10月、日本協会理事会で次期監督に選任された。しかし、同11月、広島県内の中国自動車道で乗用車を運転中、通行規制をしていた警備員をはねて重傷を負わせ、日本協会のけん責処分を受けた。

 1月に広島県警が中垣内氏を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で書類送検。日本協会は4月に監督契約を結んだが、「検察庁の処分が決まっていない」(林孝彦事務局長)ため、11日に活動を始める全日本男子を指導するのは困難と判断した。

 監督代行には、2001~03年度にサントリー監督としてVリーグ(当時)を3連覇した日本協会の鳥羽賢二・強化事業本部長(58)らが候補に挙がっている。

2017年05月03日 09時07分    Copyright © The Yomiuri Shimbun