今日のニュース

気になったニュース

遺体切断、劇物で溶かし遺棄…組関係者2人逮捕

 知人男性の遺体を切断し、強アルカリ性劇物のカセイソーダで溶かして遺棄したとして、神奈川県警が40歳代と50歳代の暴力団関係者の男2人を死体遺棄・損壊容疑で逮捕したことが1日、捜査関係者への取材で分かった。

 男の1人が警察に事件への関与をほのめかす手紙を送ったことから容疑が発覚。男の説明通りの場所から、男性の骨の一部などが見つかった。

 捜査関係者によると、2人は2015年、神奈川県内で、40歳代の知人男性の遺体をチェーンソーなどで切断し、カセイソーダに漬けて溶かした上、同県秦野市内に遺棄した疑い。

 詐欺罪などで服役中の男が16年、警察宛てに手紙を送ったことから、県警の捜査員が事情を聞いた。男はインターネットでカセイソーダを大量に購入したほか、チェーンソーやトラックなども用意、もう1人の男と遺体をトラックの荷台に運び、チェーンソーなどで切断した後、カセイソーダに数日間漬けて溶かしたと説明したという。
2017年05月01日 16時50分    Copyright © The Yomiuri Shimbun