今日のニュース

気になったニュース

徴用工の像、設置を発表…ソウルの日本大使館前

 【ソウル=井上宗典】韓国の市民団体が28日、ソウルの日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像の横など3か所に、日本の植民地時代に動員された徴用工の石像(高さ3メートル、幅1・5メートル)を設置すると発表した。

 日本の植民地支配からの解放を記念する8月15日の「光復節」に、大使館前のほか釜山の日本総領事館前の少女像の横、南西部の光州クァンジュ駅前広場に設置するという。

 像の設置は在外公館の「安寧と威厳」を守ることを関係国に義務付けたウィーン条約に抵触する。少女像に続き徴用工の像も設置されれば、日韓の新たな外交問題となる可能性が高い。

 韓国外交省は28日、設置について「外交公館の保護と関連した国際礼譲及び慣行の側面から望ましくない」との立場を明らかにした。

 市民団体は、元徴用工やその遺族と共に、日本企業を相手取った損害賠償請求訴訟を起こしている。

2017年04月28日 21時18分    Copyright © The Yomiuri Shimbun