読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

5月、北方領土に現地調査団派遣…日露首脳合意

f:id:obaco:20170428005703j:image

プーチン露大統領(右)との首脳会談後の共同記者会見を終え握手を交わす安倍首相(27日午後、モスクワのクレムリンで)=関口寛人撮影

 【モスクワ=池田慶太、畑武尊】安倍首相は27日午後(日本時間27日夜)、モスクワのクレムリン(大統領府)でプーチン大統領と会談した。

 昨年12月の首脳会談で協議開始を決めた北方領土での「共同経済活動」の実現に向け、両首脳は日本側が官民合同の現地調査団を5月にも派遣することで合意した。

 首脳会談は約3時間行われた。通訳だけを入れた1対1の場も設けられ、北方領土問題を中心に意見を交わしたとみられる。

 首相は会談後の共同記者発表で、共同経済活動の例として「魚やウニの養殖」「豊かな自然を活用したエコツーリズム」を挙げた。その上で、「初めは小さくともこうした協力を積み重ね、共同経済活動を大きく発展させていきたい。双方の努力の向こうに、私とウラジーミル(プーチン氏)が目指す平和条約がある」と強調した。
2017年04月28日 00時41分    Copyright © The Yomiuri Shimbun