今日のニュース

気になったニュース

米ヤフーCEOに報酬206億円 経営再建失敗、批判も

f:id:obaco:20170426132608j:image

米ヤフーのマリッサ・メイヤーCEO

 米通信大手のベライゾン・コミュニケーションズへ中核事業の売却が決まっている米ヤフーのマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)に対し、約1億8600万ドル(約206億円)の報酬が支払われる見込みであることがわかった。ウォールストリート・ジャーナル紙などが25日報じた。

 メイヤー氏の報酬には、給与やボーナスは含まれておらず、実際に手にする額はさらに増える見込みだ。

 メイヤー氏は2012年、業績が低迷していた米ヤフーの再建を託されてCEOに就任したが、業績は回復しないまま事業売却が決まった。さらに、売却合意後に10億人以上の利用者の個人情報流出などが次々と発覚し、売却額が当初の合意より減額されるという事態になった。

 こうした対処のまずさや、経営再建ができないまま事業売却で巨額の報酬を手にするメイヤー氏に対しては、報酬のあり方そのものを批判する声も強い。(サンフランシスコ=宮地ゆう)

2017年4月26日11時38分    朝日新聞デジタル