読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

西日本で大雨、東・北日本でも大雨・暴風の恐れ

 急速に発達する低気圧と前線の影響で、17日は西日本を中心に大雨が降った。

 気象庁によると、18日も大気の状態は不安定で、東日本や北日本は雷を伴った非常に激しい雨や暴風、高波に見舞われる恐れがある。

 17日午後7時までの24時間降水量は、福岡県北九州市で106ミリ、広島市安佐南区で102・5ミリに達した。風も強まり、佐賀県嬉野市の最大瞬間風速は22・1メートル。いずれも4月の観測史上最高を記録した。

 18日夕までの24時間に予想される雨量は多い所で、東海230ミリ、近畿と四国200ミリ、関東甲信180ミリ、九州南部と奄美150ミリ、北陸120ミリ、東北と北海道100ミリ。18日に予想される最大瞬間風速は30~35メートル。雪解けが進むため、同庁は、山間部では雪崩に注意するよう呼びかけている。

2017年04月17日 19時47分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

18日朝にかけ、全国で激しい雨 気象庁が警戒呼びかけ

 急速に発達する前線の影響で、17~18日朝にかけ、雷を伴う激しい雨が降るなど、全国的に荒れた天候になる。気象庁は、暴風や高波、土砂災害や河川の増水に警戒を呼びかけている。

 前線を伴った低気圧は今後、急速に発達しながら日本海を北東に進むとみられる。西日本では18日未明にかけて、東日本では18日未明から明け方にかけて局地的に非常に激しい雨が降る見込み。

 18日朝までに降る各地の雨の量は、多いところで四国250ミリ、近畿と東海200ミリ、九州180ミリ、関東甲信150ミリ、沖縄・奄美と北陸で120ミリ、中国地方で100ミリ。18日は北海道と東北でも大雨の恐れがある。また、18日にかけて西日本から北日本の最大瞬間風速は30~35メートル、沿岸部の波の高さは3~5メートルの見込み。

2017年4月17日16時23分    朝日新聞デジタル