読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

退避住民のバスに自爆攻撃か、126人死亡 シリア

f:id:obaco:20170416231226j:image

シリア北部アレッポ郊外で15日に起きた爆発の現場。反体制派メディアの映像から=AP

 シリア北部アレッポで15日、反体制支配地域から退避する、アサド政権支持の住民を乗せたバスの車列付近で自動車が爆発した。在英の反体制派NGO「シリア人権監視団」は16日、少なくとも126人が死亡、多数が負傷したと発表した。犯行声明は出ていないが、車列を狙った自爆攻撃とみられ、イスラム過激派の犯行の可能性がある。

 バスに乗っていたのは、反体制派と過激派組織が大半を支配する北西部イドリブ県で、政権が支配する「飛び地」のフーアとケフラヤのイスラムシーア派住民約5千人。政権が昨年末に制圧した北部アレッポへ退避する途中だった。政権を支援するイランと反体制派を支援するカタールが仲介し、首都ダマスカス郊外でアサド政権軍が包囲する反体制派支配地域の住民と交換することで、政権と反体制派が合意していた。

 爆発があったアレッポ郊外ラシディーンは、反体制派の支配地域。政権と反体制派の合意履行の調整に時間がかかり、バスの車列は14日夜からラシディーンで滞留していたという。

 人権監視団によると、死亡した126人中、住民は109人で、うち68人は子ども。援助関係者らもいた。ボランティア救助組織「シリア民間防衛隊」(通称ホワイトヘルメッツ)も、現場から100人以上の遺体を運んだとしている。

 シリアの国営テレビは、退避住民に配る食料を運搬すると見せかけた車両が近づき、爆発したと伝えた。国営テレビは「支援物資を運んでいたのはテロリスト」としている。

2017年4月16日22時46分    朝日新聞デジタル

 

 

車両爆発112人死亡、自爆テロか…シリア

f:id:obaco:20170416225936j:image

15日、シリア北部アレッポ近郊で、自爆テロとみられる爆発で立ち上る黒煙(AFP時事)

 【カイロ=本間圭一】シリア内戦の戦況を分析する民間団体「シリア人権監視団」によると、同国北部アレッポ近郊で15日、爆発物を積んだ車両が爆発し、北西部イドリブ県から避難してきたアサド政権支持者ら少なくとも112人が死亡した。

 自爆テロとみられる。同監視団は16日、政府軍がアレッポ近郊で、空爆作戦を実施したと伝えた。報復攻撃の可能性があり、現地は緊迫している。

 同監視団などによると、シリアでは14日、政府軍が優勢の首都ダマスカス郊外の二つの町に住む反体制派支持者と、反体制派が勢力を広げるイドリブ県内の二つの町に住むアサド政権支持者の避難がそれぞれ始まった。1年以上にわたる包囲により、食糧が底をつくなど人道危機が深刻化していたことを受け、カタールとイランが仲介し、政府軍と反体制派が相互に避難させることで合意した。
2017年04月16日 21時45分    Copyright © The Yomiuri Shimbun