読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

北朝鮮ミサイル発射、米軍事行動とらず 失敗に静観姿勢

f:id:obaco:20170416200241j:image

 北朝鮮は16日午前6時21分、東岸の咸鏡南道新浦(ハムギョンナムドシンポ)付近から弾道ミサイル1発を発射した。米韓両軍が明らかにした。ミサイルは発射直後に爆発。発射は失敗したとみられる。米国は原子力空母カールビンソンを朝鮮半島近海に向かわせており、ペンス米副大統領も16日に韓国に到着。北朝鮮はこれに合わせて発射し、トランプ政権を牽制(けんせい)する狙いだったとみられる。

 米ホワイトハウス当局者は16日、北朝鮮が発射したのは「中距離弾道ミサイル」だったと明らかにした。今月5日に日本海に向けて弾道ミサイルを撃ったのと同じ海軍基地から発射され、4~5秒後に爆発したという。

 このホワイトハウス当局者は、今回の発射が失敗に終わったことから、「米国として国力を費やす必要はない」として、軍事行動などを取る考えがないことを強調した。韓国へ移動中の米副大統領専用機「エアフォース・ツー」内で記者団に語った。

 ペンス氏は韓国に滞在中、黄教安(ファンギョアン)首相(大統領権限代行)らとトランプ政権の対北朝鮮政策などについて協議する。

 トランプ米政権は北朝鮮に対し、軍事力の行使も示唆しながら、核・ミサイル開発をやめるよう圧力をかけてきた。これに対し、北朝鮮は15日の軍事パレードで、新型の大陸間弾道ミサイルICBM)とみられるミサイルを公開。翌16日にはミサイル発射を強行したことから、トランプ政権の圧力には屈しないという強気の姿勢を示した形だ。

 韓国外交省報道官は16日、前日の軍事パレードに続いて16日にミサイルを発射したことについて「全世界を対象にした威嚇示威」と非難する論評を出した。今後、核実験やICBMなどを発射すれば、「強力な懲罰的措置が必ずあることをもう一度警告する」するとした。

 中国国営新華社通信は16日午後、中国外交を統括する楊潔篪(ヤンチエチー)国務委員(副首相級)と米国のティラーソン国務長官が電話会談し、朝鮮半島情勢について意見交換したと報じた。北朝鮮によるミサイル発射を受けたものとみられる。楊氏は「相互尊重を基礎として対立点をコントロールし、中米関係をさらに発展させなければならない」などと述べたという。

 日本政府は16日、北朝鮮に対し、中国・北京の大使館ルートを通じて厳重抗議した。(ソウル=東岡徹、ワシントン=峯村健司、北京=西村大輔)

2017年4月16日19時54分    朝日新聞デジタル

 

 

北朝鮮ミサイル失敗 米中外交トップが電話協議

f:id:obaco:20170416201212j:image

 【北京=永井央紀】中国国営新華社によると、中国の外交担当トップである楊潔篪国務委員(副首相級)は16日、ティラーソン米国務長官と電話で北朝鮮情勢について協議した。電話協議は米側が申し入れたとしている。北朝鮮が同日朝、国際社会の反対を無視してミサイル発射に踏み切ったことを受けて、米国が北朝鮮への一段の圧力強化を中国に求めた可能性がある。
 中国外務省や国防省は日本時間午後5時時点で、ミサイル発射について公式な反応を示していない。中国は北朝鮮に核実験やミサイル発射を自制するよう繰り返し求めてきた一方、米軍による朝鮮半島近海への空母派遣にも反発している。朝鮮半島の緊張を高める挑発行為にいら立ちを強めているとみられる。

 新華社など中国の各メディアは16日午前、北朝鮮によるミサイル発射失敗について韓国メディアの報道を引用する形で一斉に速報した。中国国内での関心の高さを反映しているもようだ。

2017/4/16 18:49    日経新聞