今日のニュース

気になったニュース

北朝鮮に最大限の圧力、体制転換求めず…米政権

 【ワシントン=大木聖馬】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は14日、トランプ米政権が核・ミサイル開発を強行する北朝鮮を巡る政策の見直しを行った結果、北朝鮮に対して最大限の圧力をかけることに主眼を置く一方、金正恩キムジョンウン政権の体制転換は目指さない、と報じた。

 対北朝鮮政策の見直しに関わった米政府当局者によると、トランプ政権は2か月にわたる見直し作業を終え、経済制裁や他の外交的手段を通じて核・ミサイル活動を中止するよう北朝鮮に対し、最大限の圧力をかける方針をまとめたという。

 報道によると、目標は朝鮮半島の非核化で、北朝鮮による挑発行為の一時的な凍結ではないと指摘。北朝鮮が挑発行為をやめたとしても、非核化に向け動き出すまで圧力をかけ続ける方針だ。一方で、政策見直しの過程で検討されてきた北朝鮮の体制転換については、当面は求めないとしている。

 こうした方針は、米国家安全保障会議(NSC)のすべてのスタッフが承認したという。

2017年04月15日 19時40分    Copyright © The Yomiuri Shimbun