今日のニュース

気になったニュース

スイセンの葉食べ5人が食中毒 ニラと間違えみそ汁に

f:id:obaco:20170415220014j:image

食中毒になった男性がニラと思い込んで採取した場所に生えていたスイセン。球根になる部分が膨らんでいる(青森県保健衛生課提供)

 青森県保健衛生課は13日、三戸郡の10~80歳代の男女5人が、ニラと間違えてスイセンの葉を食べ、食中毒になったと発表した。医療機関を受診したが、現在は5人とも回復しているという。

 同課によると、5人は親族の2家族。このうちの60代男性が12日、自宅近くの道ばたに生えていたスイセンを採り、みそ汁にして一緒に食べた。5~30分後に吐き気や腹痛を訴えて受診し、症状や県の調査などからスイセンによる食中毒と断定された。

 スイセンはニラと見分けがつきにくく、厚生労働省によると2007~16年に全国で44件(患者数179人)の食中毒が起きた。山菜シーズンが本格化するため、県は「山野草は簡単に見分けられない。思い込みは禁物」と注意を呼びかけている。

2017年4月15日15時24分    朝日新聞デジタル