読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

明治神宮に液体、女2人に逮捕状…中国に帰国か

f:id:obaco:20170413212019j:image

明治神宮の南神門を調べる警視庁の捜査員ら(4日)

 東京、京都、奈良、沖縄4都府県の寺社などで油のような液体がかけられた事件で、警視庁は13日、このうち明治神宮(東京都渋谷区)の事件に関与したとして、中国人の女2人について建造物損壊と器物損壊の容疑で逮捕状を取り、全国に指名手配した。

 2人は事件後に出国しており、同庁は国際手配を検討するとともに他の事件への関与を調べている。

 発表によると、指名手配されたのはともに中国籍で49歳の朴今玉容疑者と朴善愛容疑者。2人は4月3日午前9時半頃からの約1時間40分の間、明治神宮の鳥居や門など計15か所に油のような液体をまいて汚した疑い。

 周辺の防犯カメラに2人が液体をまく様子が映っていた。シミの形状などからスプレーなどが使われたとみられる。2人が事件前後に宿泊した東京・銀座のホテルに提示した旅券から身元が判明した。旅券にはともに中国吉林省の住所が記載されていた。

 2人は3月27日に中国・上海から那覇空港に入国。3日後の同30日には大阪(伊丹)空港に移動し、今月1日に新幹線で東京に到着した。明治神宮の事件直後の4日午前1時半には羽田空港から上海に向けて出国していたという。

 今月1~4日にかけ、世界遺産下鴨神社京都市)と金峯山寺きんぷせんじ(奈良県吉野町)や、首里城公園(那覇市)などでも同様のシミが発見されている。同庁などは2人がこれらの事件にも関与したとみて裏付けを進める。
2017年04月13日 21時16分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

明治神宮の鳥居に液体かけた容疑 中国人2人に逮捕状

 今月上旬、都内の神社や寺に液体がかけられる被害が相次いだ事件に絡み、警視庁は、明治神宮(東京都渋谷区)の境内で液体をまいた疑いが強まったとして、建造物損壊容疑で40代の中国人の女2人の逮捕状を取った。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、逮捕状の容疑は今月3日朝、明治神宮の境内で、鳥居の柱などに油のような液体をまいたというもの。神社の防犯カメラ映像に液体をまく女の姿が映っており、関与が浮上したという。

 明治神宮では3日午前11時ごろ、境内を巡回していた職員が、「第2鳥居」の両柱に染みがついているのを発見。翌朝に警視庁に通報し、境内4カ所での被害が確認されていた。

 都内では明治神宮のほか、徳川家ゆかりの寺の増上寺(港区)でも4日夕、国の重要文化財「三解脱門」の柱に液体をかけられたような染みが見つかっており、警視庁が関連を調べている。

 液体の被害を巡っては、4月1~3日、京都市下鴨神社奈良県吉野町金峯山寺那覇市首里城公園などでも液体をまいたような染みが相次いで確認されている。

2017年4月13日18時53分    朝日新聞デジタル