今日のニュース

気になったニュース

節約志向に対応、イオンも食品など10%値下げ

f:id:obaco:20170412102434j:image

イオンは食品などで値下げ戦略を強化する(東京都内で)

 消費者の節約志向が強まる中、小売業界で値下げの動きが広がっている。

 総合スーパーを展開するイオンは11日、食品や日用雑貨など最大約250品目を4月中に平均10%程度値下げすると発表した。コンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパンも日用品の値下げを発表したばかりで、他社にも広がる可能性がある。

 イオンが値下げするのは、子会社のイオンリテールが全国約400店舗で販売する菓子パンや即席めん、洗剤といった購入頻度の高い商品。値下げ率は商品によって異なるが、住宅用洗剤で最大19%、チーズで12%、菓子パンで10%、牛乳で8%などとなる。

 いずれも大手メーカーが製造する「ナショナルブランド(NB)」と呼ばれる商品が中心だが、自主企画商品(プライベートブランド=PB)の「トップバリュ」の一部も対象となる。
2017年04月12日 10時05分    Copyright © The Yomiuri Shimbun