今日のニュース

気になったニュース

「全ての乗客に深く謝罪」ユナイテッド航空CEOが声明

f:id:obaco:20170412103205j:image

ユナイテッド航空のムニョスCEO=AFP時事

 米ユナイテッド航空が自社便に搭乗していた乗客を引きずり下ろした問題で、同航空のムニョス最高経営責任者は11日、「無理やり排除された乗客と乗り合わせた全ての乗客に深く謝罪する」との声明を出した。同航空への非難が高まる中、ムニョス氏は従業員宛ての手紙で下ろされた乗客に責任があるとの考えを示し、さらに批判を受けていた。
 事件が起きたのは9日のシカゴ発ケンタッキー州ルイビル行きの便。すでに満員だった便にユナイテッド航空が従業員4人を乗せるため、すでに搭乗していた乗客4人に飛行機を降りるよう依頼。拒んだ1人が空港治安当局者に引きずりだされる映像が拡散し、同社の対応を問題視する声が上がっていた。

 ムニョス氏は声明で、「今回の恐ろしい出来事は憤慨や怒り、失望などさまざまな感情を引き起こした」などとした上で「我々はすべての責任を取り、問題を正すように努める」とした。4月末までに乗員の動きや予約超過の際の対応方法、治安当局との協力のあり方などについて見直すという。(ニューヨーク=鵜飼啓)

2017年4月12日09時39分    朝日新聞デジタル

 

 

 

ユナイテッド航空CEO「乗客、けんか腰」 社を正当化

 米ユナイテッド航空がシカゴ国際空港で自社従業員を乗せるため、搭乗済みの乗客を引きずり下ろした問題で、同社のミュノス最高経営責任者が従業員向けの手紙で、乗客が「けんか腰だった」と批判し、社の対応を正当化していたことが発覚し、批判に火に油を注いでいる。
 シカゴ・トリビューン紙などによると、ミュノス氏は手紙の中で「我々は飛行機を降りるように丁寧に頼んだが断られた」などとし、従業員は決められた手続きに従ったと強調。さらに「断固として皆さんを支える」などとし、従業員を称賛した。

 また、手紙には、同社従業員からの聞き取り調査の概要も添えられていた。それによると、事件は以下のように起きたという。

 ①事件が起きた便は満席だったが、ユナイテッド航空の乗員が搭乗ゲートの係員にこの便に乗る必要があると申し出た。

 ②自発的に譲ってくれる人を探した上で、最高1千ドルの補償金提供を含めた強制的な搭乗拒否プロセスに入り、乗客の一人に謝罪を込めて搭乗できないと説明したところ、乗客は声を荒らげ、従業員の指示に従うことを拒んだ。

 ③その後も何度か依頼したが、乗客は重ねて断り、どんどん破壊的、けんか腰になっていった。

 ④係員には空港治安当局に乗客を排除するための支援を依頼するしか手が残されていなかった。

 ⑤治安当局も協力を得られず、強制的に排除した。(ニューヨーク=鵜飼啓)

2017年4月12日00時47分    朝日新聞デジタル