読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

ドルトムント爆発、香川はけがなし 犯行声明文の情報も

f:id:obaco:20170412105342j:image

爆発事件の後、警察に付き添われるドルトムントの選手たち=AFP時事。香川真司選手(手前)の姿もあった

 ドイツ北西部のドルトムントで11日午後7時過ぎ(現地時間)、サッカー1部リーグのドルトムントの選手が乗ったチームバスの付近で爆発があった。スペイン出身のDFマルク・バルトラ選手(26)が手首を骨折するなどのけがを負った。
 所属する日本代表の香川真司選手(28)もこの日の試合に出場予定だったが、デュッセルドルフの日本総領事館によると、香川選手にけがはなかった。捜査当局は、何者かがチームを狙って爆発物を仕掛けたとみて、殺人未遂の疑いで調べている。

 地元警察や報道によると、爆発は、選手が宿泊するホテルから約10キロ離れた試合会場に向かう途中で起きた。ホテルを出発後すぐに3度の爆発があり、バスの窓ガラスが割れるなどした。爆発物は通り沿いの生け垣近くに置かれていたとみられる。現場近くで犯行声明文のようなものが見つかったとの情報もあり、捜査当局が慎重に調べている。

2017年4月12日09時51分    朝日新聞デジタル

 

香川乗った独チームバス近くで爆発…1人負傷

f:id:obaco:20170412101113j:image

爆発のため窓が壊れたドルトムントのチームバス=AP

 【ベルリン=井口馨、ドルトムント(ドイツ西部)=風間徹也】ドイツ警察当局などによると、11日午後7時15分(日本時間12日午前2時15分)頃、ドイツ西部ドルトムントで、サッカー独1部リーグ・ドルトムントの選手を乗せたチームバスの付近で爆発が3回、起きた。

 チームバスには香川真司選手(28)も乗っており、在デュッセルドルフ日本総領事館によると香川選手にけがはなかったが、スペイン出身のマルク・バルトラ選手(26)が手を負傷して病院に搬送された。当局は何者かが故意にチームバスを狙った犯行とみて捜査している。

f:id:obaco:20170412105925j:image

11日、ドイツ西部ドルトムントで、爆発によって窓ガラスが破損したドルトムントのチームバス(AP)

 チームバスは、11日夜にモナコ(仏)との欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の第1戦が行われる地元スタジアムに向かう途中だった。爆発は、チームバスがスタジアムから約10キロ離れた宿泊先のホテルを出発した直後に起きたという。バスは後部の窓ガラス2枚が大きく割れた。

2017年04月12日 10時42分  Copyright © The Yomiuri Shimbun