今日のニュース

気になったニュース

引退表明の浅田真央、12日に都内で記者会見

f:id:obaco:20170411110512j:image

ソチ五輪で、ショートで出遅れたもののフリーでほぼ完璧な演技をみせ、感極まって涙を流す浅田真央(2014年)=菊政哲也撮影

 フィギュアスケートの第一人者として活躍し、2010年バンクーバー五輪で銀メダルを獲得した浅田真央(26)(中京大)が10日、自身のブログで「フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」と現役引退を表明した。

 浅田は今後、プロスケーターとして活動する見通しで、12日に都内のホテルで記者会見を行う。

 浅田は14年世界選手権で3度目の優勝を果たし、翌シーズンは休養。15年に復帰して来年の平昌ピョンチャン五輪を目指していたが、左膝に不安を抱えており、今季は世界トップ選手が競うグランプリ(GP)シリーズ2試合で6、9位と苦戦。昨年12月の全日本選手権では過去最低の12位に沈み、世界選手権の出場を逃した。

 ブログでは「自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける気力もなくなりました」と報告し、「フィギュアスケート人生に悔いはありません」と現在の心境を記した。

 天才少女と呼ばれた浅田は05年に15歳でGPシリーズにデビューし、成績上位者だけが進めるGPファイナルでいきなり優勝。06年トリノ五輪は年齢制限で出場できなかった。金妍児キムヨナ(韓国)との対決が注目された10年バンクーバー五輪で、女子で跳べる選手が少ないトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させて銀メダルを獲得。ショートプログラム(SP)16位と大きく出遅れた14年ソチ五輪では、フリーの好演技で6位に順位を上げ、諦めない姿勢が共感を呼んだ。

2017年04月11日 10時51分    Copyright © The Yomiuri Shimbun