読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のニュース

気になったニュース

浅田真央、現役引退へ ブログで「選手を終える決断」

f:id:obaco:20170410233150j:image

昨年のフィギュア全日本選手権女子フリーで演技する浅田真央=遠藤啓生撮影

 2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダリストで世界選手権を3度制した浅田真央(26)=中京大=が10日、自身のブログで今季限りの現役引退を表明した。
 浅田は10日午後11時前にブログを更新。「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」とつづった。

 5歳でスケートを始め、女子では跳べる選手が少ないトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを得意とした。15歳だった2005年のグランプリ(GP)ファイナルで優勝。年齢制限で06年トリノ五輪には出場できなかったが、バンクーバー五輪ではトリプルアクセルを決めて銀メダルを獲得した。

 14年2月のソチ五輪ではショートプログラム16位と出遅れたが、フリーで自己最高の142・71点をマークし6位。翌3月の世界選手権では、日本選手として男女を通じて最多となる3度目の優勝を飾った後、「(進退については)ハーフハーフ」と話し、1年間休養した。

 15年5月「試合が恋しくなった」と18年平昌五輪に向けて現役続行を宣言したが、左足を痛めるなどして16年3月の世界選手権は7位。今季も左足のけがに悩まされ、16年12月の全日本選手権は12位に終わり、世界選手権代表を逃した。

2017年4月10日23時24分    朝日新聞デジタル

 

 

 

フィギュア浅田真央、ブログで現役引退を表明

f:id:obaco:20170411104828j:image

浅田真央さん

 フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリスト、浅田真央(26)(中京大)が10日、自身のブログで現役引退を表明した。

 「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」などとつづった。

 04~05年シーズンに国内外のジュニアのタイトルを総なめにして天才少女と呼ばれた浅田は、06年トリノ五輪は年齢制限で出場できなかったが、08年に世界選手権で初優勝。バンクーバー五輪では、女子では跳べる選手が少ない高難度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をショートプログラム(SP)とフリーで計3度成功。金妍児キムヨナ(韓国)に及ばなかったものの、初出場の五輪で銀メダルを獲得した。
2017年04月11日 00時37分    Copyright © The Yomiuri Shimbun