今日のニュース

気になったニュース

推計人口、65年に8808万人…減少緩やかに

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は10日、2065年までの日本の将来推計人口を公表した。

 人口減少は続き、15年の1億2709万人から65年には8808万人に減る。ただ、5年前の前回推計に比べ、減少のスピードは緩やかになり、総人口が1億人を下回る時期は5年遅い53年と推計された。

2017年04月10日 15時38分    Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

50年後の日本、8808万人 2053年に1億人割れ

 国立社会保障・人口問題研究所は10日、2065年の日本の人口が8808万人になるとした50年後までの将来推計人口を公表した。女性が生涯に産む子どもの数(合計特殊出生率)の50年後の見通しは、12年の前回推計(1・35)より回復して1・44。人口が減るペースは前回推計より緩やかになった。それでも人口は今より3割減ることになり、少子高齢化が続く傾向に変わりはない。

 出生率は2・07が人口維持の目安とされる。最近は回復傾向にあり、15年実績は1・45となった。今回の推計ではこの傾向を反映させた結果、20年代半ばにかけて1・42ほどに下がるものの、その後は1・43~44で安定するとした。

 そして、15年に1億2709万人だった人口が1億人を切る時期は、前回推計より5年遅い53年になると見込んだ。前回推計では50年後の60年に8674万人になるとしたが、65年時点でもこれより多い8808万人になると見通した。

2017年4月10日15時09分    朝日新聞デジタル