今日のニュース

気になったニュース

韓国大統領選、安氏の支持率急伸…文氏を逆転

 【ソウル=井上宗典】韓国の聯合ニュースは9日、韓国大統領選(5月9日投開票)候補の支持率調査で、野党第2党の中道左派「国民の党」の安哲秀アンチョルス候補(55)が支持率を急速に伸ばし、政党候補5人の中で初めて首位に立ったと報じた。

 安氏の支持率は36・8%で、最大野党「共に民主党」の文在寅ムンジェイン候補(64)の32・7%を抜いた。北朝鮮に融和的で、左派色の強い文氏を嫌う中道・保守層が安氏の支持に回っており、両氏の競争が激化している。

 世論調査は、聯合ニュースと韓国の公共放送KBSが共同で8~9日に実施した。支持率3位は、保守系与党「自由韓国党」の洪準杓ホンジュンピョ候補(62)で6・5%だった。与党の旧セヌリ党から分裂した保守系の新党「正しい政党」の劉承●ユスンミン候補(59)は1・5%で5位だった。安氏と文氏が一騎打ちとなった場合は、安氏が49・4%で、文氏の36・2%を大きく上回った。(●は「日」へんに「文」)

 ただ、韓国世論調査機関「リアルメーター」が10日に発表した世論調査では、政党候補5人のうち、文氏の支持率は42・6%でトップを維持した。安氏は2位の37・2%。両氏の一騎打ちでは、文氏は47・6%で、安氏は43・3%だった。大統領選は17日から本格的な選挙運動が始まる。

2017年04月10日 13時30分    Copyright © The Yomiuri Shimbun